高機能・小型・簡単操作のプラネタリウム・全天周映像・VR映像投影システム

Loading...

宇宙の暗黒物質(全天周映像作品)

ローレンス・バークレー国立研究所のマイケル・バーネット(Michael Barnett)によって制作された全天周映像作品「宇宙の暗黒物質」(原題 "Phantom of the Universe") の日本語版を制作しました。約28分の作品です。
私たちの身の回りに大量に存在すると考えられているにもかかわらず、見ることも触ることもできない不思議な物質。暗黒物質またはダークマターと呼ばれるこの物質の発見から、正体を解き明かすための取り組みまでをCGをふんだんに使って解説しています。

フルドーム・フェスティバル2017ノミネート作品です。

※この作品で紹介されている大型地下キセノン実験装置(LUX)は2016年に運用を終え、2020年からの運用開始を計画している次期実験装置LZ(LUX-Zeplin)に引き継がれる予定です。LUXでは残念ながら、ダークマター粒子の検出に至りませんでした。
なお、『ダークマター・ミステリー』で紹介されているキセノン検出器(XENON1T)は2016年から運用を開始し、2017年に最初の結果が発表されました。

ダークマターLHC
LHC内部銀河の崩壊
キセノン原子核LHC内部の衝突
新粒子生成国際協調

この作品のライセンス料は無償となっています。どなたでも自由に上映することができます。
この作品は、映像装置CU-1およびCU-Zにバンドルされています。

宇宙の暗黒物質ポスター

制作:MiC PARIS
翻訳:森 正、野村泰紀(カリフォルニア大学バークレー校物理学教授)
語り:瑞木にょこ

ファイル

オリジナルサイトでファイルをリクエストする他、下記URIから直接ダウンロードすることもできます。その場合、解凍パスワードが必要になりますので、オリジナルサイトを通じて入手して下さい。
※ESOサイトのZIPファイルの解凍に失敗する場合があります。その場合は、7-Zipを使ってみて下さい。

4KドームマスターESOサイト)約215.4GB
2KドームマスターESOサイト) 約75.0GB
サラウンド音声(英語版)※(ESOサイト)約1.9GB
※音声は上映される施設の音響システムに応じてミックスして下さい。
ステレオ日本語版(MPEG1 Audio Layer-2)および日本語ボイストラック(WAV)をご用意していますので、ご希望の方はお知らせ下さい

日本国内での配布

ESOサイトからのダウンロードに時間がかかるため、日本国内向けにMiC PARISから作品を再配布する許可を得ました。ご希望の施設の方に、4Kドームマスターおよび2Kドームマスターの配布を行います。方法は以下のいずれかです。
(1)着払い宅配便伝票を添付した、500GB以上の容量のあるUSB接続HDDまたはSDXCメモリーカード(何も記録されていないこと)をMiC PARISにお送り頂きます。MiC PARISでファイルをコピーし、返送します。(お送り頂いた状態でそのまま返送しますので、梱包にご注意下さい。輸送にかかる事故の責任は負えません。)
(2)税込み10,800円をお支払い頂ければ、1TB USB接続HDD(新品)にファイルをコピーしてお送りします。送料・手数料込みとなります。また、輸送時に事故が発生した場合、補償します。

なおこの場合、作品制作プロデューサーに以下の情報を報告する必要があるため、それらを申告して頂きます。
(1)施設名称
(2)施設の住所
(3)担当者のお名前
(4)担当者のメールアドレス
(5)作品制作プロデューサーに伝えたいこと(あれば)製品購入・リース、映像制作、全天周映像に関するお問い合わせ