高機能・小型・簡単操作のプラネタリウム・全天周映像・VR映像投影システム

Loading...

映像エンジン

天文シミュレーションシステム Nightshade

天の川銀河 Digitariumシステムに搭載されているNightshade は、天文学、地学、その他の学問分野で用いることができるビジュアルシミュレーションシステムです。Digitalis社は、Nightshadeプロジェクトを率いて、開発に尽力してきました。

このソフトウェアの特長は、使いやすさ、リアルさ、安定性そして優れたパフォーマンス性能です。 またNightshadeは、Stellarium 0.8.2以前の StratoScriptを使ったスクリプトと下位互換性があります。

Nightshade の開発は、オープンモデルで行われており、誰でもバグレポートを提出し、改善の提案を行い、あるいは開発に直接参加することができます。ソースコードは公開されており、開発のロードマップを共有しています。

Nightshadeには、以下の2種類のバージョンがあります。また、それぞれのバージョンにデスクトップ版とDigitariumシステム版があります。

Nightshade Legacy

Nightshade ver.11.12.1 Windows版(約109.3MB)
Nightshade ver.11.12.1 OS X版(約131.7MB)
Nightshade ver.11.12.1 ソースコード (約104.1MB)

Nightshade NG (Next Generation)

土星と赤外線で見た背景

Nightshade NG (Next Generation) の詳細

現在出荷中のDigitariumでは、Nightshade NG正式版をシステムに搭載しています。Nightshade NGの特長は以下の通りです。

Nightshade NGは、非常に高価なプラネタリウムシステムに匹敵するような機能と性能を持っています。

2013年〜2016年に出荷した全てのDigitariumシステム(CU-1 OP5以降)は、無償でNightshade NGにバージョンアップすることができます。

Nightshade NG

Digitarium製品販売 - レンタル - 出張上映サービス - 番組作成について
お問い合わせはこちら