高機能・小型・簡単操作のプラネタリウム・全天周映像・VR映像投影システム

Loading...

Digitarium Lambda Plus

Digitarium Lambda Plus

Digitarium Lambda Plus(デジタリウム・ラムダ・プラス)据置モデルは、1台のプロジェクターを使ったシステムとしては最上位の機種です。Digitarium Kappaの約2.3倍の画素数を持った2.4Kの映像を投影できる、11,800ルーメンのプロジェクターを使用しています。Digitarium Lambda Plusは、最大で直径20mのドームで使用できます。また、他の製品同様、バックライト付リモコンで操作ができます。

Digitarium Lambda Plusは、超高解像度と最高の投影品質を必要とする方々に向いています。例えば、全天周映像作品の上映や、没入感のある環境の再現、VR映像の上映、あるいは科学シミュレーションなどを行うために適しています。また、高コントラストプロジェクターと特殊な魚眼レンズのおかげで、恒星像もさらに鮮明になっています。

Digitarium Lambda Plusは、オプションの専用魚眼レンズを選択することにより、3Kに近い2850×2400ピクセルの投影ができる欠球モードに対応しています欠球モードは、全天周映像作品の上映に適しています。

Digitarium Lambda Plusで採用しているプロジェクターは、レーザー蛍光体光源を使用しているため、高輝度時でも20,000時間の寿命があります。定期的なランプ交換の必要が無く、メンテナンスの負担を大きく軽減することができます。また、このプロジェクターは24時間365日の連続運転を前提に設計されており、長時間の運用でも安心してお使い頂けます。

Digitarium Lambda Plus システム仕様
モデル種別 据置モデル
最大ドーム直径 20m(ドームが大きくなると明るさが若干落ちます)
14m(スクリーン反射率50%のとき)
解像度 標準 2400ピクセル
欠球 2850×2400ピクセル
1度あたりの
ピクセル数
標準 平均13.3
欠球 平均15.8
投影角 標準 167度
欠球 144度
視野角 標準 180度(全天周)
欠球 180×152度
プロジェクタ輝度 11800ルーメン(魚眼レンズでの投影時に輝度が若干落ちます)
コントラスト比 1800:1(プロジェクターのコントラスト比)
LED寿命 高輝度:20,000時間 低輝度:40,000時間
投影画質 最高画質(専用魚眼レンズを使用)
恒星カタログ ヒッパルコス星表
映像エンジン CU-1(2400) OP11 / Nightshade NG Professional
全天周映像 対応(ドームマスター)
オーディオ 5.1チャンネルサラウンド対応
ストレージ 2TB
Universal Console 標準
ユーザーインターフェース 赤外線リモコン、ゲームパッド、Apple iPad(オプション)
エレベーション機構
(オプション)
非対応
電源 AC 100-240V、1900W、50-60Hz
適合規制 FCCクラスA
CEクラスA (RoHS準拠)
ULまたはCSA認定部品使用
動作環境 動作時:10〜40℃、RH20〜80%
保管時:-20〜60℃、RH10〜90%
※結露しないこと
大きさ 直径79cm、高さ104〜183cm
重量 116.8kg

※仕様は予告無しに変更される場合があります。

Digitarium製品販売 - レンタル - 出張上映サービス - 番組作成について
お問い合わせはこちら